『halei』フットネイル体験ルポ in Ha Noi

インターン ハノイ ベトナム

どうもこんにちは Careerlink ハノイオフィスのインターン生 
お酒大好きみうらです!:)

前回は
ベトナム ダナン発祥のクラフトビール 7BRIDGESについての記事を書きました

が!

今回の記事は女の子感強め↑↑ にハノイで有名な ネイル・アイラッシュ・スキンケアのお店『halei』に行ってきた体験ルポです!

なぜこのお店にしたかというと、おすすめを聞いたところベトナムに1年ほど住んでいる日本人とベトナム人の友達二人ともこのお店を勧めてくれたからです^^

今回私が行ったのはCareerlinkハノイオフィスから徒歩15分もしないところにあるこちら!

私は今まで一度もネイルサロンに行ったことがありませんでしたが、
ハノイの価格は日本と比べると大体5分の1程度と、とてもリーズナブルだったので思い切ってトライしてみました!

やはり気になる事といえば

①来店するまでと、来店から会計までの流れ
②ベトナム人スタッフと意思の疎通が出来るか
③価格
④デザインの良し悪し

などだと思いますのでそれについて書いていきます!

①のまず来店するにあたって

どれ位混んでるかわからないので予約がベターだと思います

私は職場のベトナム人の方に頼んで電話予約してもらいました←
頼れるベトナム人がいる場合は頼りましょう xD

しかし、日本から来た英語がそこまで話せない友達は自力で電話予約し、無事かわいい爪になっていたので
「I would like to make a reservation!!」位言えればいけるはずです

ベトナムにきて驚いたのは入り口を入った瞬間に靴を脱ぐというこのシステム・・・
(靴屋さん、小さめな洋服屋さん、ネイルサロン、マッサージ屋などはこのスタイルでした。靴を店の外の道に置くお店もあります)
日本のような段差なども特にありません。

そのまま入らないように気をつけましょう

ここで靴を脱ぎ、予約名を伝えます。
そして事前に探しておいた自分のやりたいデザインを携帯で見せます。
そうするとおねーさんが自分の携帯でその画面の写真を撮り、その写真をみながら塗ってくれます^^!

今回私はフットネイルのみのトライでした
うきうきしながらやりたいデザインを見せたら、
「あなたの爪はベビーシスターだからこれはかわいくない」と、Google 翻訳をつかって言われました、、、、
ベビーシスターはきっと”あなたの爪小さいわ”って事だと解釈しました :( lol

泣く泣くそのデザインを諦め、じゃあどれなら似合うの??とこちらもGoogle 翻訳で伝えると
携帯でベビーシスターな爪でも似合いそうなデザインを提案してくれました :)

この時慌てて決めてしまって少し後悔しているので、デザインは第3希望位まで考えておく事をおすすめします

②スタッフとの意思の疎通について
デザインが決まれば、後はおねーさんにされるがままなので特に大変な事はありません。
むしろ一言も話していません。

施術時間は1時間強くらいだったかな、、、塗り始める前にトイレに行くことを強くおすすめします!

③価格について
施術が終わってから料金を聞きました。不安な場合は始める前に聞くといいかもですね^^
金額を決めるときに使ったストーンの数を数えていたのでもりもりにしたい方は少し値段上がるかもしれません。
転写式の領収書の様な紙に値段を書いて見せてくれるのでベトナム語が聞き取れなくても大丈夫○

私は書いてある数字が(少し雑で)読めなかったので書き直してこれで合ってるか??と確認取りました

私がしたデザインはシルバーのミラーネイルをベースに、親指のみひし形のストーンを左右10個ずつしきつめたデザインです!
それでお値段は212,000VND(日本円で1,060円)でした!安い!
さっき登場した自力で予約した友達はターコイズブルーのエスニックなデザインで980円位でした

お金を払い終わった後、初ネイルにテンションがあがり、自分の足の写真を撮っていたら

おねーさんがインスタ映えしそうでしなさそうな黒いふさふさを持ってきてくれた。いい人。

(黒いふさふさのマット?)

④デザインの良し悪し
結構写真どおりに再現してくれるので満足できる仕上がりにはなると思います!
haleiのFacebookにたくさん写真がのっているので行く予定の店舗で既にやられた事があるデザインを見せるとなおさらいいかもしれないですね^^

足の指はどう頑張ってもかわいく写真が撮れなかったので載せません←

帰国直前にハンドネイルもする予定です<3

 

長くなりましたがこれで私の体験ルポを終わりたいと思います:)
ベトナムでネイルサロンに行こうか迷っている人のお役に少しでもなれたなら幸いです

 

 

最後に言いたいのはベトナムのネイルサロン、

安い!安すぎる!!!幸せ!!!!

 

と言うことで、ベトナムにお越しの際はネイル未経験の方も是非トライしてみてくださいね<3

 

以上っ

Careerlink ハノイオフィスのインターン生 みうらでした~

最後にお店の情報を載せておきます。

店名:Halei 67 Nguyen Cong Hoan店
住所:67 Nguyen Cong Hoan,P.Giang Vo,Q.Ba Dinh,Ha Noi
ホームページ:http://halei.vn/
フェイスブック:https://www.facebook.com/halei67nguyenconghoan/

ベトナム人に人気のスポット in Da Lat

インターン ベトナム

こんにちは。

ホーチミンオフィスインターン生の松木です。

先日、ベトナム人に大人気の避暑地・高原ダラット(Đà Lạt)へ行きました!

ホーチミンから、バスで6~7時間。
ベトナム中南部に位置し、フランス人が開拓した町です。
花の町とも呼ばれ、ベトナム人のハネムーン先としても人気だそうです。

7月の平均気温は20℃に満たないほど、涼しく快適に過ごせる場所でした。

そんなダラットで、ベトナム人に人気のスポットをご紹介します。

 

①Tuyệt Tình Cốc-Fantastic Cup

ダラット中心部から約20km北西へ、山を登り池を越え、その先にあります。

あと10分弱というところまで行くと、駐輪場を兼ねた休憩所があります。

そこでバイクを停め、悪路をジープで更に山へ向かいます。

山で天気が変わりやすいのもあり、ジープは何度も止まるしものすごい傾斜だし、これがインディ・ジョーズの日常か…という感じでした。体にあざがいっぱい出来ました。ジープは1人150000VNDです。

※ジープを使わずにも行けますが、歩くと2時間、バイクでは到底走り切れない悪路です!

 

そんなジープで走る事30分。ようやくこちらの湖?がみえます。

周りの岩の影響でしょうか、きれいな水色です。
この日は天気も味方し、非常にきれいな景色が見られました。(20分後雨が降りました。20分前も雨が降っていました。)
インスタグラムなどで調べるとよくわかるんですが、ハート型の浮きなどに乗って写真を撮れます。

最後にきっちり使用料とられますが。
何をするわけでもないですが、とてもきれいな場所でした。

帰りは行きと同じ、ジープで休憩所まで送ってくれます。

外国人観光客はほとんどおらず、行くのは結構たいへんですが、とても綺麗な景色を楽しめます!

(結局ここがなんだったのかいまだにわかりません)

 

②Datanla Falls

ダラット中心部から南へ約8km。ホーチミンへ帰るルートの途中にあります。

ここは名前の通り、滝なんですが滝に行くまでこのローラーコースターに乗って下る事が出来ます。

往復で150000VNDです。歩いて降りる事も可能だそうですが、ほとんどの人はローラーコースターを使います。
ここは外国人観光客も複数見られ、チケット窓口では英語が通じます。

 

ローラーコースターは手動で、アクセルとブレーキを切り替えられるだけで、エンジンなどはおそらくついていません。自動ブレーキなんてものもついていないのでものすごいスピードが出ます。


けれど、ベトナム人は全然スピードを出しません。

ずーっとブレーキしてる感じ。わたしたちも、後ろのオーストラリア人もスピード出せないからイライラ。

10分程下ったり、写真を撮ったりしながら滝へ向かいます。

 

 

滝に着きます。
滝があります。

以上です。。。。

本当に滝しかありません。その滝も入れるような雰囲気でなく、川も短く、すぐに観光スポットここまでという看板があります。

 

滝の周りをキャニオニングできるツアーもありましたが、参加者は全員欧米人のようでした。日中になるとさすがに高原ダラットでも暑くなるので挑戦してみてもいいかもしれないですね。

 

帰りはひたすらローラーコースターで山を登ります。

ローラーコースターは一応二人乗りですが、一人で乗る事も可能なので、帰りは特に一人の方がいいかと思います。

 

③DOHA CAFE


ダラット中心部にあります。特徴的な外観のカフェです。
ベトナム人が「ダラット行ったことあるよ!」と見せてくれる写真は、十中八九このドーハカフェの前で撮った写真です。中は普通のカフェです。

 

④Crazy House


こちらは言わずもがなの観光スポットです。

ベトナム人から外国人観光客まで、人であふれかえります。

人一人通るのがやっとな地上10mの階段にもかかわらず、押しのけてくる人もいるので気を付けてください。

 

 

ベトナム人に人気のダラット・スポットを紹介しました!

このほかにも紫陽花畑や、壁が大人気のパン屋などたくさんの人気スポットがありました。

 

ダラットは、日本人への認知度は低く旅行中も日本人を一切見かけませんでしたが、

案外ホーチミンからアクセスしやすく、本当にきれいで素敵な町でした。

 

言葉では表せない美しさがダラットにはあります。是非行ってみてくださいね。

 

 

さて、最後になりましたが本日でインターンシップの任期が終了します。

私がブログを通して何かを伝えることはあまりできませんでしたが、

このブログが海外インターンシップを考えている方や海外へ飛び出そうとしている方へ、今後とも継続的に何かを届けられるブログであり続けることを望んでいます。

 

また、どこかでお会いしましょう!

 

松木美惠 / Matsuki Mie

ベトナム ダナンのクラフトビール『7BRIDGES』

インターン グルメ ハノイ ベトナム

好きなことはなに?と聞かれたら

美味しいお酒を飲むこと!!と答える21歳女子大生のみうらです。

(日本酒が特に好き<3)

 

はいっ

そんなお酒好きな私が今回紹介するのは~~~~ダダダダダダダダッ

 

ベトナム ダナン発祥のクラフトビール

「7BRIDGES」

ベトナム来るまでは聞いた事もなかったですねぇ:)

 

つい最近、ここの会社の営業の方と仲良くなり、接待に同伴させて頂く機会がありました。

その時初めて7BRIDGESのビールを飲んだとき、、、

 

(ごくっ)?!

「This beer is the best in my life!!!!」

英語は得意ではないのですが頭をフル回転させて周りのベトナム人においしさを伝えました。
(フル回転させる程の英文じゃないだろとか言わないでください)

 

私の勝手なイメージで、クラフトビールは癖が強くて飲みづらいもの、というイメージがありました、、、

しかし、私が飲んだ「IMPERIAL IPA」(写真左)はちょうどいい苦味とフルーティーさがたまらない、とっっってもタイプな味でした。 :)

 

もちろん全てのビールを飲み比べましたがIMPERIAL IPAが一番好みでした<3

 

参考までに営業の方から聞いた各ビールの味の説明を書いておきます。

 

 

【IMPERIAL IPA】左

アルコール9%で3つの中では一番強い。

苦味とフルーティーなアロマで絶妙なバランス

【Vietnam Red Ale】真ん中

赤い色のエールビール。

ベトナムを彷彿とさせる忘れがたい苦味が特徴

【Sunset Weizen】右

小麦ビールにオレンジピールとコリアンダーシードを加えたすっきり飲みやすい味

 

とまぁこんな感じだそうです。気になった方は是非飲んでみてください!美味しいよ!

ビールつながりで他のクラフトビールも紹介します。

【PASTEUR STREET BREWING CO.】

ここではパッションフルーツ味のビールが飲めると聞き行ってきました!

色々な種類があるので飲み比べセット!


手前の紙に小さく書いてありますが、左上がパッションです!

あとは、ジャスミン、DIPA、Romelo、、Chocolate、NewEngland IPAを飲みました!

味はあんま覚えてないです← どれも個性が際立ちまくっていたのは覚えています、、。

これ以外にも沢山のビールがあったのでクラフトビール好きな方はぜひいってみてください:)

 

以上っ

 

お酒好きインターンシップ生みうらでした~  /~~~

ベトナム人学生インターンシップに対する意識調査

インターン ベトナム

こんにちは皆さん!インターンの堀越です。

現在日本では大学三年生の皆さん短期のサマーインターンに参加して、業界研究などをしている頃でしょうか?(ちなみに私は去年の今頃していました!笑)

日本では大学3年生になると短期インターンなどに参加するのが一般的になりつつありますよね!

ではベトナムの学生はどうでしょう?皆インターンしているのでしょうか??

ということで、ベトナムの学生にインターンシップについての意識調査を行ってみました!!

回答人数166人で、構成は下のグラフのようになっています。

 

まずはインターンシップ経験の有無について!

 

全体では半分以上、大学3年生以上になると約75%もの学生がインターンシップをしているという結果に!

やはり三年生以上になってからインターンシップを始めるのは日本の学生もベトナムの学生も同じですが、75%というのは日本と比べても非常に高い割合ですよね!

 

 

経験したインターンシップは1つという回答が最も多く、複数経験している人も少なくありません。

あれ?意外と少ない?

なんて思う方もいるかもしれませんが、ベトナムでは短期インターンではなく長期インターンをするのが一般的です。

しかも!!

大学3年生はまだ授業も普通にあるため、授業に行ってからインターンに行くというハードなスケジュールをこなす学生たちが多いです。

日本では長期休みにインターンをする人が多いと思うので、ここは大きな違いですね!

 

では何を彼らは何のためにインターンシップをしているのでしょう??

 

 

このような結果になりました!就職活動を意識してインターンシップをする人が多いようです!

上位3つは日本と変わらないと思いますが、学校の必須科目であるという回答も多く挙げられました。

インターンシップが必須科目なんて日本の学校ではなかなかないですよね!

学校もインターンシップに力を入れているんですね~!!

そのためか私の周りでもインターンシップを経験している学生が非常に多いです。

そして私が留学して現地学生と一緒に授業を受けていて思うのは、彼らは理論を現実に応用するのがとても得意ということ!

やはり実際の職場で働くと、

“これ授業でやったことだ!!もっとちゃんと勉強しておけばよかった~“

ということたくさんありますもんね!

彼らは実践の場を知っているから、それを実際にどう生かすのかを意識しながら授業を受けているのでしょう!

 

さてさて、ではインターンシップの経験がない学生たちはどう思っているのでしょう??

え、なんでここに日の丸??

違います皆さんーー!!!!!

これは「インターンシップは重要だと思うか?」という質問に「はい」と答えた人の割合です!

なんと100%!!!

インターンシップ経験がない学生は1,2年生が多いですが、それでも全員がその重要性を意識しているんです! (私が大学一年生のときなんてインターンシップというワードすら知らなかったような…。。)

 

そんな意識の高い彼らですが、ではなぜインターンシップを重要だと認識しているのでしょうか?

経験者が就職活動を強く意識しているのに対して、未経験者の理由は“興味のある業界について深く知るため”が最も多く、続いて”ビジネスマナーを知るため”。

社会を知りたいというニーズが見て取れます。

大学に入ってまもなく社会に出ることを意識し始めるなんて、日本ではあまりありませんよね?

 

 

ということで、今回の調査ではインターンシップに対する意識の高さを感じました!!

日本でもインターンシップをすることはだんだん一般的になってきているとは思いますが、ベトナム人学生の間にここまで深くインターンシップ文化が根付いているとは驚きですね!

私も彼らを見習って、インターンシップ頑張ります:‐)

以上、ベトナム人学生のインターンシップ事情でした。ではまた。

 

ハノイ動物園に行ってきました!

インターン ハノイ ベトナム 生活情報

こんにちは。インターンの堀越です。

先日、市内の中心部(キャリアリンクハノイオフィスがあるKimMa地区)にあるハノイ動物園に行ってきました!

ベトナムの動物園、なぞの生き物がたくさんいるんだろうな~!とわくわくしながらゲートへ。

まずはもちろん、ベトナムお馴染みの、やる気のないおばさんがゲートで入場券を売っています。

入場料はたったの10000VND(約50円)!きっと園内も50円の内容なのだろうと期待せずにゲートをくぐると…

見てください!!一昔前の遊園地のようなものが!(ベトナムで一万円で買った携帯なので画質がすごく悪いですが、そこはご了承ください)

ただこちらのアトラクション…追加料金30000VND(約150円)払わなければ乗れません。

追加料金を払えばアトラクション乗り放題かというとそうではなく、それぞれの乗り物に払う仕組みになっています。

そのためか、このアトラクションエリアは人があまりおらずスカスカでした。

まぁ私たちの目的は遊園地ではないので、とりあえずその先へ。

するとたくさんの動物たちが私たちをお出迎えしてくれました!!

園内はこんな感じで、ベトナム人の家族連れで非常ににぎわっています。

でも日本の動物園とほぼ変わりません。

特に期待していた謎の動物もいませんでしたが、ワニやライオン、カバなど種類は本当に豊富です!(少なくとも私の地元にある宇都宮動物園よりは種類が豊富です)

しかし本当のことを言うと…暑いからかほとんどの動物は微動だにしませんでした。もう少し涼しくなってから行くといいかもしれませんね♪

またベトナムでは道端を普通に歩いているニワトリまでも檻に入れられています…。 

さらに少し歩くと、

ほぼ平らなジェットコースター!しかもすごい短いので、三周します。速度も見た感じでは15キロくらいです。

(*これにももちろん30000VND払わなければいけません)

こんな感じでハノイ動物園は普通の動物園と一昔前の遊園地の合体バージョンで、大体ここで3時間くらい楽しんできました♪

もう少し涼しくなってから行くことをおススメします。
このあたりに来たときには一度寄ってみてはいかがですか?

はじめまして^^インターン生の三浦です。

インターン ベトナム

はじめまして:)

大学4年生の三浦ななこです。

就職活動も無事終わり、大学の単位はあと卒論を書くだけ!!

ということで、夏休みな訳でもないですがインターンシップに行こうと決意しました:)

 

私はこのインターンシップに来るまで、海外インターンの存在すら知りませんでした、、、。笑

しかし、友達からこのインターンの存在を聞かされ、持ち前の何事もとりあえずやってみよう精神を発揮し、(笑)

現在ハノイのオフィスで働いています。:)

 

私は、就職活動をはじめてから常々思っていたことがあります。

それは、学生生活に未練をのこしたまま社会人になりたくない!!!!遊べるだけ遊びつくそう!!!!!

、、と!!!!!!

現在面白そうなことはなんでもやってみようキャンペーンを絶賛開催中ですので

面白そうな趣味、趣向がある方はぜひ三浦までお知らせください。;)(笑)

 

 

「海外インターンなんてなんかすごい人がやるやつでしょ、、、?私・僕には出来ない、、」

なんて思う方がいるかもしれませんが(私はそう思ってました)、このページを読んでいるだけでも十分すごい?人だと思います。(笑)

色々悩んでてもやってみなきゃわからないので、

「やってみようかな?」と、少しでも思ったらその時がやる時だと思います:)!

 

~8月20日までハノイに住んでいますので、それまでにハノイに来ることがあれば是非一緒に遊びましょう!:)

お待ちしています。/~~

 

P.S.
ベトナム来るついでにカンボジアにも行きましたが、すごくいい所でした:)

初めまして!インターンの堀越です~!

インターン ベトナム

初めまして!

東北大学経済学部経営学科4年の堀越美紀(ほりこしみき)です。

現在はハノイの貿易大学に一年間の留学中で、ビジネスや貿易関係の授業を中心に勉強しています。現在は夏休みで7月9日から8月4日までの4週間インターン生として勤務しています。

すでにベトナムに来てから半年経過しましたが、ベトナム語は「彼は背が高いです。(anh ay cao)」しか言えません。ホーチミンインターン生 松木さんが色々な国籍に間違われると言っていましたが、私はベトナム人にしか間違われません。留学生の友達たちとご飯に行けばお店の人は私を付き添いのベトナム人だと思って話しかけてきますし、道を聞かれることもしばしば。貧しい地域にボランティアに言ったときには、外国人をはじめて見られると喜んでいた子供たちが、ベトナム人と同じ顔だと失望していました…。

 

 

そんな私ですが、生活習慣もローカルに染まっています!

ベトナムは昼間が暑いため全てが早く始まります。大学の一限も朝の6時45分から始まりますが、学校に向かう道にはおじいちゃんおばあちゃんが一列になり、それぞれ自作であろう謎の体操を楽しんでいます。そんな早起き文化に慣れた私は休みの日でも7時ぐらいには起きて行動し始め、夜は10時くらいに寝るというおばあちゃんのような健康的な生活をしています。
趣味は旅行、街を歩いて新しいローカルフード店を見つけたり、バイク旅(わたしは後ろに乗るだけ)をしたり!
金銭感覚もベトナムに適応し、200円の食事で”ちょっと今日は贅沢しちゃったな”なんて思っています。まぁそんなこんなで私はもはや日本人としてではなく現地人としての生活をエンジョイ中です!!

長くなった自己紹介ですが、次はインターンについて!

インターンシップを始めたのは、もともと留学をする中で、学生たちが就職する際になかなかいい企業とめぐり会えないという話をよく聞いていまして、

”あんなに優秀な学生たちがその能力を活かせる会社で働けないなんてもったいない!!”と感じ
”その現状について学んで何とかその現状を改善できないか”と思ったわけです!

あとは、もちろん海外で現地人と仕事をしてビジネス習慣やビジネスが進んでいくプロセスも学びたいという気持ちもありました。まだインターンを始めて4日目ですが、何でも自分で考えて行動することが求められるこの環境で、すでに成長を感じ始めています!
これからも、”失敗しても少なくともチャレンジャーではあるわ♪”という気持ちで、失敗を恐れず色々頑張ります~!

ではまた:-)

Summer in closed eyes

インターン ベトナム ホーチミン

こんにちは。
4日連続で朝ごはんがバインミー(ベトナムのサンドイッチ)のインターン生・松木です。

日本では滅多にパンは食べないご飯派です。

====================================================

1800350

この数字が何の数字かおわかりでしょうか。

 

 

日本とベトナムの映画料金です。
日本はベトナムの約5倍の値段です。わーお。

わたしの趣味のひとつに映画鑑賞がありますが、この値段に疲弊し
もっぱらTSUTAYAやamazon primeにお世話になっています。

 

ちなみに、この1800円という超高額料金はやはり世界一のようです。
映画大国アメリカは1000円もしないし、比較的物価の高い北欧でも日本よりは低額で映画を楽しめるそうです。

アジア諸国はもちろん安く、ここベトナムでは70,000ドン(約350円)で映画を楽しめます。

ということで、初めてベトナムで映画を観てきました!

——————————————————————————————

しかし、ベトナム語は一切わからない、英語も字幕ならなんとかなるけどすごく疲れるというレベルのわたしに見れる映画はあるのか。
と思っていたら運よくこんな映画がありました~!

SUMMER IN CLOSED EYES / 目を閉じれば 夏が見える / Nhắm mắt thấy mùa hè


(公式サイト:https://www.bhdstar.vn/en/movies/summer-in-closed-eyes/

 

こちらは、北海道上川郡東川町を舞台にした日本とベトナムの共同制作の映画です。

日本語、ベトナム語、英語の三言語が使われる少々忙しい映画でした。

写真撮影に行ったきりベトナムに帰ってこなくなってしまった父を追って東川まで来たベトナム人の女性と、東川に住む日本人のカメラマンが言葉は通じないがしだいに心を通わせていくラブストーリーです。

東川町は自らを自治体ベンチャーと称し、様々な活動を行っている町で、

日本初の公立日本語学校「東川町立日本語学校」があります。

日本語学校の生徒さんたちは映画でエキストラとして参加していました。

——————————————————————————————

 

ということで、バイクを走らせてもらいGalaxy Cinema(119B Đường Nguyễn Văn Quá, Đông Hưng Thuận, Quận 12, Hồ Chí Minh 700000)へ向かいました!!

 

見た目は日本と変わらず。
屋内もとてもきれいです。スクリーンも7つあります。

座席も日本のものよりふかふかなんじゃないかと思うほどよかったです。
ただ平日にいったため通路など綺麗でしたが、週末だとゴミが落ちていること多々あるそうです。(掃除のスタッフ映画の途中に入場してきたくせに、、、、、)

 

お客さんは私たちのほかに10人ほど。公開が5月だったためかとても人が少なかったです。

上映途中にZaloでチャットする人、写真や動画を撮る人など様々でした。

 

また日本にはない文化ですが、笑うポイントや泣くポイントでは声を出して感情を表します。

この映画では割とシリアスなシーンにちょっと笑えるポイントがあって、それに対してベトナム人は声を出して笑っていたので、わたしはその状況に声を殺して笑いました。

——————————————————————————————

気になる映画の感想は、、、、、

 

内容については触れませんが、情景が非常に美しかったです。
舞台である「写真の町」東川はもちろん、主人公の出身であるベトナム中南部のダラットがとても美しく描かれていました。

わたしはこの映画を観て、ダラット旅行をしようと決めました。

また、留学生役のBen Phamくんがすごくかっこよかった(年下泣)ので彼の今後の活動にも注目したいと思います。

=====================================================

ベトナムで初めて映画を観たお話でした。
今回は運よく日本とベトナム協同制作の映画を観れたのでベトナムについてはもちろん、日本についても新しく知る事が出来ました。

また、英語字幕でもいいのでベトナム映画を観てみようかなと思います。

汚い映画館も見てみたいし、みんなで泣き笑いもしてみたい!

日本ではなかなかできない経験です。

静かに観たい人は是非日本の映画館でどうぞ(笑)

 

 

以上、インターン生の松木でした。

人生で初めてのバーバーをベトナムで食べに行ってきました!

グルメ ハノイ ベトナム ローカルフード

Xin Chao!

ベトナム2年生になりました住です。

早速ですがバーバーとは何かというと、スッポンです。

日本でも滋養強壮で有名なスッポンですが今まで食べたことはありません。

そんなスッポン鍋屋さんを友達がハノイで発見したと連絡が入り、ならば早速今夜突撃してみようという事になり行ってきました!

お店はハノイのコウザイという地区です。

Nhà Hàng Ba Ba Sơn Đông (他にも店舗があるようです)

席へ誘導されメニューを見ると、1ページ目からめっちゃ亀!

亀の写真!全然食欲わかない!むしろ食べたくない!

そうは言っても、今日はバーバーを食べに来たので一番小さい1.5kgを早速オーダーです。

このお店の名物であろう鍋と亀の唐揚げをチョイス。

すると測りを持ってすぐにバーバーの登場です。

重さを確認し調理開始です。

そしてキュウリをつまみに今日も暑かったねなんてビールで喉を潤していると・・・

来ました。

唐揚げにされたバーバーが来ました。

調理されたバーバーにご対面です。

 

どうぞご覧あれ。

このゲテモノ感w

 

とは言ってもこれを目的に来てますので食べないわけにはいきません。

いざ実食です。

恐る恐る口に運びましたが肉は柔らかくて臭みも皆無で何と言っても味付け最高!

めっちゃうまいじゃん!

これはビールと良くあい箸が進みます!(素手で食べましたが…)

甲羅のところはコラーゲンすごいねーなんて言って食べてるとそこは食べないんだよと隣の席の方に教えられました。

そうそうしている間に奥で鍋も調理していてくれたようで完成品の鍋が出てきました。

スープは黄色でこれまた食欲湧きませんw

こちらも一口目は勇気のいる感じでしたが食べればやっぱりすごく美味しい!

ちょっとカレー風味?香辛料で黄色だったのだとわかりました。

バーバーと一緒になぜか豚肉も入っていたのでかなりボリューミーで二人で食べるには少し量が多かったです。

食事も一旦終わりお腹を休めていると隣にベトナム人家族が来店しました。

お隣もバーバーを頼み、重さを測っていると我々にはなかったサービスが…

出ました、生き血!搾り取り!(グロいので写真はなしです)

お父さんそれをウォッカで割ってグイグイ飲んでます。

友達と二人でガン見していると、出ました。

ベトナムでは良くある「君達こっちにきて、一緒に飲もう!乾杯だ!」

もう真っ赤なショットグラス3つ用意してます。

そしてこの緑の飲みのも何!?

人生何でも経験です。

いただきます!!

全然美味しくない(笑)

 

結局帰るまでにお父さんと友達と私でウォッカを1本飲んで、元気になるよりはフラフラになって帰路につきました。

ハノイにお越しの際には是非、ローカルレストランでご飯を食べ、隣の席のベトナム人の方と乾杯してみてください(笑)

初めまして。

インターン ベトナム ホーチミン

はじめまして。

ホーチミンオフィスで6月中旬よりインターン生として滞在しています、

愛知工業大学経営学部休学中の松木美惠(まつきみえ)です。

 

わたしは、韓国人と間違われ英語で話しかけられ、小学生に안녕!(韓国語でこんにちは)と叫ばれ、台湾では写真を撮ってもらったおじさんにYour face is Korean.と笑いながら言われ、タイでは道を尋ねられ、カンボジアではパスポートを持っているにも関わらずクメール語で話しかけられ、ベトナム旅行をすれば友人のSNSに「現地の友達がいるなんてすごいね!」とコメントがつき、韓国に行けばわたしだけ韓国語対応に日本の入国カードを押し付けられ、ここベトナムで部屋を探せばベトナム人にBạn là người việt nam(ベトナム語でベトナム人ですか)と言われる日本語が上手な(笑)22歳の日本人です!

(このベトナム語の翻訳を確認してくれたベトナム人スタッフも私を見るなり、ベトナム人の新しいスタッフ?と聞いてきました)

 

 

この手のエピソードには終わりがありません(笑)

 

上記を読んで頂ければお分かりでしょうが、趣味は旅行です。

国内は大学在学中に47都道府県に訪問することを目標に現在35都道府県に訪問、海外はアジアを中心に10数か国に訪れています。

 

そして旅行好きが高じて、海外で働く事を目標に大学を1年休学し海外でインターンシップなどに参加しています。

ここ、キャリアリンクでのインターンシップはカンボジアでのインターン終了後に訪れたホーチミンでご縁があり参加させていただけることになりました。

 

このブログを見て下さる方々は、少なからずベトナムに東南アジアに海外インターンに興味がある方々や何かをやりたいと思っている方々だと思います。そんな皆さんには是非一歩踏み出してもらいたいと強く思います。

これまで旅行や短期の留学でしか海外に行ったことが無かったわたしが実際にカンボジアやベトナムに長期滞在することで日本にいるだけでは決してわからないことをたくさん知り、自分自身の知識はもちろん視野が少しずつ広がっていると日々感じます。

家にこもってパソコン・スマホで検索をすれば知識は付きます、けれど実際に体験して感じる楽しさや感動は味わえないと思います。

 

 

とまあわたしが感じたことを読むより、とにかく自身で経験してみて下さい!

海外インターンだけでなく、いつもと違う場所に行ってみる事、話した事がない人と話してみるとか、何かを始めてみてその楽しさや感動を味わってほしいです。

それが、海外インターンや海外旅行であればわたしたちはここホーチミンでお待ちしております。

皆さんが少しでも一歩を踏み出すきっかけになるようなブログをホーチミンからお届けできたらと思います。

よろしくお願いします。

 

松木美惠/Matsuki Mie

ページの先頭へ