VC_外観1

 ハノイのショッピングモールの草分け的存在と言えるのが「ビンコムセンター」です。ベトナム最大の企業グループ、ビングループ経営で現在は全国にたくさんの「ビンコムセンター」が点在しています。入居している店舗は支店により異なりますが、なかでもバーチェウ店は、ハノイ市の中心部から行きやすいため人気店舗の1つとなっています。

 ここではビンコムセンター・バーチェウ店のレポートをしたいと思います。

この記事はこんな方におすすめ

ビンコムセンターにまだ行ったことがなく、どんな店か知りたい方
明るく高級感あるスーパーで買い物がしたい方
市内中心部から近いショッピングモールに行きたい方

ビンコムセンターの楽しみ方

 「ビンコムセンター」があるバーチェウ(Bà Triệu)通りは、ハノイの中心部であるホアンキエム湖付近から南へ伸びている大通りです。ここを南へ車で約10分行った先にあるのがビンコムセンター・バーチェウ店で、付近は日本食レストランや日本人向けアパートが多い地域になっています。吹き抜けの店内は、解放的な雰囲気。店舗ごとの照明がキラキラ輝き高級感にあふれています。

 販売されている商品は、階層ごとに大まかに分類されています。1階は化粧品や女性向けファッション、2階はカジュアル、アウトドアファッション、3階はスポーツ用品、スポーツファッション、4階は雑貨や家電、スーパーマーケット、5階はレストラン街、6階は映画館です。

 バーチェウ店はメインの建物のほかに、もう1つ別館ともいえる建物があります。ここもメインの建物内と同様、ファッションを中心とした店舗が入っています。小さな道路を挟んで2つの建物が並んでいるのですが、双方をつなぐ渡り廊下があるので建物内にいながらにして行き来でき、移動はいたって便利です。

VC_外観1

VC_外観2

「ZARA」をはじめとしたアパレルショップ

 バーチェウ店一押しの店といえば、なんといっても「ZARA」でしょう。3階にわたって展開しており、1階は婦人服、2階は婦人服と子ども服、3階は紳士服となっています。ビンコムセンター全体に来店客が少なめの平日昼間でさえ、ここだけは買い物客でにぎわう繁盛ぶり。店内は広々としているので、人が多くても余裕をもって移動できます。

 ビンコムセンター・バーチェウ店は、婦人服はもちろんスポーツやアウトドア系ファッションも充実しています。それらの店が並ぶのが、2階と3階。2階には「Adidas」や「Timberland」、3階には「Adidas」「NIKE」「Reebok」などの店舗が並んでいます。ここで気になるのが「Adidas」が2カ所ある点。じつは「Adidas」は3階にある店舗と、2階の通路の一角に設置された販売スペースの2カ所があります。2階の販売スペースはファッションとしてのスポーツウェアを提案したおしゃれな品ぞろえです。

 また独自の履物を提案する「Crocs」も、売り場が2カ所あります。4階の通常の店舗と、3階の通路脇に陳列されている販売スペースです。通路脇の販売スペースはスポーツ用品店「Super Sports」の入口付近にあります。

VC_ZARA1

VC_ZARA2

VC_ZARA3

VC_ZARA4

VC_Sports1

VC_Sports2

VC_Sports3

VC_Sports4

VC_Sports5

レストラン街

 5階はレストラン街となっています。ベトナム料理から洋食、和食、韓国料理とさまざまそろっていて、昼時は近所に勤める会社員でにぎわいます。ベトナムのチェーン店「SUMO BBQ」や、日本のイタリアレストラン「カプリチョーザ」も入店しています。

 レストランの人気は流行にも左右されるもの。2021年1月時点では韓国料理が人気で、トッポッキ(餅の炒めもの)店の「Dookki」はランチ前から行列ができていました。また韓国の有名料理人ペク・ジョンウォン氏の焼き肉店「ボンガ」も広々とした店舗を展開しています。

 このほか空色のインテリアがおしゃれなステーキ店「Le Monde Steak」は女性に人気。「31アイスクリーム」「Dairy Queen」などアイスクリーム店もあるので、デザートにおすすめです。

VC_Restaurant1

VC_Restaurant2

VC_Restaurant3

VC_Restaurant4

その他の店舗

 ファッション以外にも、さまざまな店舗が入店しています。1階の化粧品コーナーは「L’OCCCITANE」「MAC」「Make up forever」をはじめとした世界的に人気、話題の店舗がそろっています。週末にはメイクアップイベントを開催していることもあります。高級ブランドだけでなく「Faceshop」をはじめ、比較的価格帯の低い店舗もあるので気軽に立ち寄ってみましょう。

 4階には、さまざまな店が勢ぞろいしています。日系の「メガネプリンス」があるのもこちらです。イオンモール・ロンビエンにも店舗がある同店ですが、ハノイ中心部でも同店のメガネは買えます。日本クオリティのサービス、品質を求めるなら同店がおすすめです。

 このほか生活雑貨の「ロック&ロック」、スポーツ用品店の「Super Sports」、「OPPO」のスマートフォンショップ、書店の「Nam Phuong」なども入っています。スーパーマーケット「ビンマート」もあり、日用品をそろえるのに重宝するフロアです。

 6階は映画館「CGV」。「CGV」へは建物内のエレベーターでも行くことができますが、他のフロアで乗り降りする来店客と一緒になるため、各階ごとに止まることになります。「映画のスタート時間に間に合わない!」という時などはイライラするもの。そこで便利なのが、バーチェウ通りの反対側、搬入口の左脇に設置されたエレベーターです。もとは店がすべて閉まった後の夜遅くまで上映した場合に利用するエレベーターですが、昼でも稼働しています。知る人も多くなく、いつでもスムーズに6階へ上がることができます。

VC_other1

VC_other2

VC_other3

VC_other4

VC_other5

VC_other6

VC_other7

VC_other8

VC_CGV

別館

 道路を挟んで向かい側にある別館に行ってみましょう。メインの建物からは、ガラス張りの渡り廊下を通って行けます。ここは見晴らしが良いせいか、ベトナム人の女性たちの撮影スポットとなっています。

 食堂街のある5階から行くと、ゲームセンター「Tini World」につながります。ビンコムセンターといえば若者向けという印象も強いですが、こうした施設を見ると家族連れも意識した店舗ということがわかります。「Tini World」にはさまざまなアーケードゲームのほか、おもちゃ屋も備えています。

 1~4階はファッションフロアとなります。とくに1、2階の「MANGO」は人気。全体的に、メインの建物内にある店舗よりも大人っぽいセレクションの店が目立ちます。

VC_Annex1

VC_Annex2

VC_Annex3

VC_Annex4

VC_Annex5

まとめ

 今回はビンコムセンター・バーチェウ店を見ましたが、店舗や雰囲気は支店により千差万別です。気になっているビンコムセンターにぜひ足を運んでみて、お気に入りの一店を見つけてみてください。

 どこの支店にも、だいたい目玉となる店舗があります。例えばバーチェウ店なら「ZARA」、リェウザイ(Liễu Giai)通りやファムゴックタック(Phạm Ngọc Thạch)通りにある店舗は「ユニクロ」などです。あらかじめ調べていくのも良いでしょう。

 便利で楽しいビンコムセンターで、楽しいお買い物をお楽しみください!

VC_Inside1

VC_Inside2

<ビンコムセンター・バーチェウ>
営業時間:11:00 ~ 21:00 (月~金)/10:00 ~21:00(土日)
定休日:テト休み
クレジットカード:OK
住所:191 Ba Trieu
https://www.facebook.com/vccbatrieu/

求職者登録(無料)をして最新求人情報をゲットしよう!


キャリアリンクアジアでは求職者登録(無料)を行って頂いた求職者様に定期的(隔週)に東南アジアの最新求人情報を配信しています。
希望者には無料で就職相談を行っております!!

求職者登録(無料)はこちら