ベトナム 携帯電話&SIMカードの購入方法から使い方まで
この記事はこんな方におすすめ

・ベトナムに長期で滞在する予定や留学する予定の方
・ベトナム旅行に行く方でレンタルWi-Fiしようか考えている方
・ベトナム滞在中もスムーズなネット回線を使いたい方

ベトナムに旅行or在住予定だけど、「レンタルWi-Fiとかどうすればいいんだろう」、「SIMカードはどこで買うのがいいのかな」、、とお困りの方へ!
今回は、ベトナムでのSIMカード、携帯電話の購入をご紹介していきます。

ベトナムでは、ほとんどのホテル、カフェ、レストランで無料Wi-Fiが設置されているため、簡単に無料でインターネットを利用する事ができます。

海外に行く際に、日本からwifiレンタルする方も多いと思いますが、ベトナムをはじめとした東南アジアではSIMカードを格安で手に入れる事ができるので、かなりおすすめです。

SIMを使えれば、Wi-fiのある建物に入らなくても、いつでもインターネットを使えます。移動中に調べものをしたり、Grab(東南アジアでは便利な配車アプリ)をどこでも利用できたり、マップを確認できたり、翻訳アプリを通じての現地の人とのコミュニケーションを取れる等が大きなメリットになります。

まず初めに、SIMロック解除

まず、ベトナム渡航前にするべきこととして、Sim ロック解除です。

日本の携帯電話会社が販売している携帯電話やスマートフォンは「SIMロック」がかかっている状態のものが大半です。しかし、この「SIMロック」がかかってしまっている端末は、海外に渡航した際に、現地のSIMを入れて利用する事ができません。

今現在、「SIMロック」されている携帯電話でも、「SIMロック解除」ができるものもあるので、ぜひ自分が利用している通信キャリア会社に確認してみてください。

「SIMフリー」の端末であれば、海外でも現地SIMカードを購入してご自身の端末でインターネットや電話など利用する事ができます。

海外によくいかれる方は「SIMフリー」に切り替えておく事がおすすめです。

次に、ベトナムに長期滞在予定の方が必要になるであろう携帯電話についてです。

ベトナムで携帯電話(スマホ)を買う方法

現地の携帯電話ショップへ向かいましょう。ベトナムのスマホはsimフリー対応になっているため、購入後にsimカードを設定するだけで使う事ができます。

以下に携帯電話が買える店を紹介します。

Thegioididong https://www.thegioididong.com/

FPT shop https://fptshop.com.vn/

MI Vietnam https://www.mi.com/vn/

⚠︎注意
携帯電話を購入の際にパスポートの提示を求められることがあります。パスポートを忘れずに持っていきましょう。

SIMカードの購入、選び方

SIMロック解除orベトナムでSIMフリーの携帯電話を購入した後にはSIMカードの選択です。

SIMカードの種類

SIMカードには2つの種類があります。
①使い捨てSIM((データプランと期間が決まっている使い切りタイプ)
→短期旅行者向け

②チャージ式SIM(1ヶ月毎にチャージすることで使い続ける事ができるタイプ)
→中長期滞在者、在住者向け

①の使い捨ては、「7日間」や「14日間」など、期限があります。期限が終了したらそこで使えなくなるパターンがほとんどなので、気をつけましょう。

チャージする方法としては記事の後半に紹介しています。

これらを踏まえた上で実際のsimカード購入の方法を紹介していきます!

ベトナム大手会社3社から選ぶ

ベトナムの大手通信会社は「Mobifone(モビフォン)」「vinaphone(ビナフォン)」「VITTEL(ベトテル)」の3社。いずれも政府系の企業です。金額に大差はないため、これら3つの中から選ぶのが良いでしょう。

ベッテル(Viettel)
ベッテルは、ベトナム国防省系の通信会社で、ベトナム国内で契約シェアNo.1の携帯電話会社です。ベッテルの基地局が一番多いため、通信の安定性は高いでしょう。4Gのサービスもはやくからスタートしており、4Gのカバー率が高い会社です。

1ヶ月プラン(チャージ式)

Mimax 90プラン 5GB 9万ドン
Mimax 125プラン 8GB  12万5000ドン
Mimax 200プラン 15GB 20万ドン
Mimax 300プラン 30GB 30万ドン

公式HP: https://viettel.vn

ビナフォン(Vinaphone)

ビナフォンはベトナム郵便通信公社系の携帯電話会社で、国内No.2のシェアを誇ります。Viettelと激しいシェア争いをしていますが、サービスの質や料金にほとんど変わりがありません。4Gのカバー率も高く、使用している中での不便は感じません。

観光客向けsimプラン(15日未満の方におすすめ)

7日未満滞在予定→19万9000ドンで、データ毎日2GB。他2万ドン分、市内通話、データ通信、SMSが利用可能。利用期間7日。
15日未満の滞在予定→19万9000ドンで市内通話50分、ローカルSMS(50通)、国際電話50分、3G高速データ15GBが利用可能。他1万ドン分、市内通話、データ通信、SMSが利用可能。

1ヶ月プラン(チャージ式)
Big70プラン 4.8GB 7万ドン
Big90 7GB 9万ドン
Big120 12GB 12万ドン
Big200 22GB 20万ドン

公式HP: https://vinaphone.com.vn

モビフォン(Mobifone)

モビフォンもベトナム郵便通信公社系の携帯電話会社で、ベトナムでNo.3のシェア率を誇ります。通信費用が安いので、若者に人気な特徴があります。通信速度では、上記2つの会社よりも少し接続が悪い時がありますが、違いが気になるんも度ではありません。ハノイやホーチミン市内などの都市部にいる限り、違いは感じないと言えます。

観光者向けsimプラン(2週間未満の滞在)
→データパッケージD5 1日5000ドン 1GB(自動更新)

1ヶ月プラン(チャージ式)
HD70 3.8GB 7万ドン
HD90 5.5GB 9万ドン
HD120 8.8GB 12万ドン
HD200 16.5GB 20万ドン

公式HP: https://www.mobifone.vn

どの通信会社にするか決めたら、その通信会社のストアにてSIMカードを購入&契約することができます。SIMの設定は基本的に店員さんが全部やってくれます。

 以上のデータプランのほか、simカードの本体料金として5万ドン+音声通話料金5万ドンほどかかります。

ベトナムでは、simカードが日本に比べると安く購入する事ができます。データ通信のみプランと国内電話付きのプランなどがあり、データの通信量などによって値段が変わってきますので、詳しく知りたい方は、各々の公式ホームページを見てください。 

購入場所

空港

空港の到着ゲートを出ると、多くのsimカードの小売店が現れます。ここで買うとsimカードの入れ替えから設定まで全て店員さんがしてくれるので安心です。空港でのsim購入は少しだけ高いのですが、100-200円程度の差なので、気にならない方は空港での購入をおすすめします。

携帯キャリアの店舗

上記で説明した3社携帯キャリアの店舗でもsimカードの購入が可能です。都市中心部の店舗ですと、英語を話せる店員さんも多いので安心して買いに行く事ができます。

大型家電量販店

Tegioididong」という家電量販店はベトナム国内で1,800店舗を展開する大手店舗なので滞在先からも比較的探しやすいと思います。

Amazonで購入(日本での購入)

ベトナムのsimカードは日本のamazonでも購入する事ができます。特に、深夜や早朝にベトナムに到着する予定の方などは、空港のsimカードを販売するお店は空いていないので、日本で購入しておくと、到着してすぐ使えるので安心ですね。

Simカード購入時の注意

パスポートの提示

2016年から、法律改正に従い、Simカード購入時にパスポートの提示が義務付けられるようになりました。正規の小売店以外では、パスポートがなくても手に入るところもありますが、その場合は他の人の名義になっている場合もあるそうなので、そのまま使っていると突然使えなくなった、、!ということもあるみたいです。

心配な方は、『1414』という番号にSMSを送ると自分の名義になっているかどうか、確認できます。

日本でベトナムsimを買った場合の設定方法

基本的に、説明書がついてくるので安心して設定する事ができます。

日本を出発前に

<Android端末の場合>
・ホーム画面から「設定」をタップ
・「モバイルネットワーク」をタップ
・「アクセスポイント名」をタップ
・「メニュー」→「新しいAPN」をタップ
・APNの情報に、説明書に書かれている細かい情報を入力
・「メニュー」→「保存」をタップ
<iPhone端末の場合>
・ホーム画面から「設定」をタップ
・「モバイルデータ通信」をタップ
・「モバイルデータ通信」をオンにする
②ベトナム到着後
・ベトナムSIMカードを挿入する。
・「900」に電話する

以上で設定完了です。うまくいかない場合は再起動してみると解消されることも多いです。

ベトナムでsimカードを買った場合の設定方法

①simカードの差し替え
②電源を入れて「900」に電話
これでSIMカードが有効化されます。

残高照会方法

「*101#」に発信するとこのような画面が現れ、残高の確認が行えます。

残高照会画面

1行目にあるTKG:0dというのが残高です。この画面から、現在の残高は0ドンということがわかります。

ではさっそくチャージしていきましょう。

SIMカードのチャージ方法

A. 携帯キャリア会社(Viettel, mobiphoneなど)のウェブサイトから登録してチャージ(銀行引き落とし or カード払い)

B. コンビニでチャージチケットを購入して、そこに記載の番号を入力してチャージ(コンビニなどで入手可能)

C.携帯キャリア会社の店舗でチャージ(現金払い可能。店舗に行ったらチャージしたいことデータプラン音声通話の有無を伝えてくだいさい。)

Simカードのチャージ方法として特に簡単でおすすめのB. コンビニでのチャージ方法をご紹介します。

コンビニでのチャージ方法
ベトナムにはサークルKやセブイレブンなど日本でもお馴染みのコンビニがあります。レジに並んで携帯会社名とチャージしたい旨を伝えれば大丈夫です。金額を聞かれたら、チャージしたい金額分の紙幣を店員さんに渡しましょう。私の場合は「Viettelに100,000ドン、入れたいです」とgoogle翻訳にかけています。英語が通じなくて不安な方はこういったやり方をおすすめします。

お金を渡すとレシートのようなものを発行してくれます。

コンビニでのチャージ

店員さんがペンでここの番号だよ、とわかりやすいようにマークをつけてくれました。

14桁の番号を以下のように入力し、発信します。

 

 

発信画面 発信画面

画面に収まりきらず2画面に分かれていますが「*100*——–#」と打ちます。

発信すると画面が切り替わり携帯キャリアから以下のようなメッセージが届きます。

チャージ完了画面

このメッセージが表示されるとチャージ完了です!

SMSにもメッセージが届いています。

SMS

チャージ方法の1つで、通信会社の専門アプリやウェブサイトからチャージする方法もありますが、日本のクレジットカードではうまく支払いできないケースが多いのでコンビニでのチャージが一番おすすめです。

滞在期間別おすすめSIM

2週間以内の短期滞在

Vinaphoneの観光客向けsimプラン(7日verと14日ver)

 MobifoneのsimプランD5 1日5000ドン 1GB(自動更新)

中長期滞在(1ヶ月以上)

VinaphoneのBig90 7GB 9万ドン または、Big120 12GB 12万ドン

滞在中のインターネットの使い方はそれぞれ違うと思うので、自身の通信量に合ったプランを見つけてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

求職者登録(無料)をして最新求人情報をゲットしよう!


キャリアリンクアジアでは求職者登録(無料)を行って頂いた求職者様に定期的(隔週)に東南アジアの最新求人情報を配信しています。
希望者には無料で就職相談を行っております!!

求職者登録(無料)はこちら

投稿者紹介

キャリアリンク編集部
キャリアリンク編集部
キャリアリンク在籍のスタッフによる記事です。東南アジアの”今”を知る人材会社社員が、知ればちょっとアジアがちかくなる情報を発信していきます!