人をつなぎ、キャリアを創る

カンボジア求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンク

新着求人すべての求人を見る

すべての求人を見る

カンボジアは通称で、正式な日本語表記はカンボジア王国です。英語表記だと、Kingdom of Cambodiaになります。

カンボジアの隣国は西にタイ、東にベトナム、北にラオスがあります。それぞれの国境とは陸で接しているため、東南アジアにおいて陸路交通の要所ともなっています。そのことから、カンボジアのシェムリアップからタイ(バンコク)、ベトナム(ホーチミン)、ラオス(パクセー)へと国境を越える国際バスが運行されています。

またカンボジアはミャンマー南部にあるダウェイからタイ(バンコク)、カンボジア(プノンペン)、ベトナム(ホーチミン)を結ぶ南部経済回廊の主要部を担っています。今後、タイ(バンコク)からミャンマー西部への道路が整備されると東西経済回廊と同じように物流における革命が起こると期待されています。

カンボジア国土の面積は日本の半分にも満たない約181,000㎢で約1500万人の人々が暮らしています。全人口の4割強が20歳未満となっており、15歳から64歳までの生産年齢人口は全体の60%を30歳以下の若い世代が占めています。そして、今のペースで人口増加が進んでいくと、毎年30万人前後の若い世代の新規労働人口が増える見込みとなっています。そのため、2020年には生産年齢人口だけで1000万人を越える試算がされています。このことから、ASEANの中でもカンボジアは投資先として人気が増しています。

カンボジア全人口の約90%がクメール語を話しており、このクメール語がカンボジアの公用語となっています。しかし、外国企業の進出に際して障壁の少ないので外国企業が次々に参入してきていることもあって、英語を話せるカンボジア人が多くなっています。その理由としては、やはり英語を話せることでカンボジアの給料相場よりも高くなる傾向があることが挙げられます。

カンボジア通貨はリエルを利用しています。しかし、首都のプノンペンを始めとしてシェムリアップなどの観光地では米ドル(USD)が利用することが可能です。ちなみに1米ドル(USD)の目安は4,000リエルです。

首都プノンペンはカンボジアの行政や文化、経済の中心地となっています。プノンペンの街の景観は美しく『東洋のパリ』と称されます。これはフランスによる植民地時代の名残があるからです。またプノンペンにはカンボジア国王一家が住んでいることから王宮があります。
ちなみに、プノンペンとは直訳すると、ペン夫人の丘という意味です。これは非常に信心深い女性 ペン夫人が川に流れてきた仏像を拾いあげ、近くの丘の上に祠をつくり祭ったことに由来しています。また祠のある丘の名前はワットプノンと名付けられ、ペン夫人の墓や仏塔が立っています。

ユネスコ世界遺産のアンコールワットがあるのは首都プノンペンではなく、シェムリアップにあります。このアンコールワットはカンボジアの国旗にも描かれています。
俗に言うアンコールワットとは、アンコール遺跡群のことで、現在のカンボジア王国の元となっているクメール王朝の首都の跡のことです。このアンコール遺跡群には、アンコールワットだけでなく、アンコールトム、プノンバケン、タプロームなどがあります。
アンコール遺跡群には年間500万人を超える観光客が訪れています。たくさんの観光客が訪れることによって、ホテル業・飲食業などの観光収入が増えるだけでなく、周辺住民の雇用機会が増えています。そのため、アンコールワットにおける観光産業はカンボジア経済の発展に大きく貢献しています。

カンボジアのビーチリゾート地として人気のあるシアヌークビルは、元は1964年にカンボジア唯一の大深度岸壁のある港として開発された場所です。しかし、カンボジアの内戦によって開発は頓挫してしまい、今では手つかずの自然が多く残っています。そのおかげで近年リゾート地として脚光をあびることになり、観光地化が進んでいます。このシアヌークビルという地名は前国王のノロドム・シアヌークに因んでいます。
シアヌークビルの港湾は、カンボジアにおける数少ない輸出拠点になっています。そのため。1990年代後半より活発な開発が行われています。日本は1999年以降から有償資金協力を何度か行い、開発に協力しています。

カンボジアと日本との関係は良好です。カンボジアにとって日本は最大の開発援助供与国となっています。
カンボジアへ進出している企業はオートバイを製造するヤマハ発動機やスズキなどの車両製造業、金融業や保険業、味の素などの食品産業など多岐に渡る企業が進出しています。