人をつなぎ、キャリアを創る

カンボジア求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンク

新着求人すべての求人を見る

すべての求人を見る

カンボジアは西にタイ、東にベトナム、北にラオスがあります。それぞれの国境とは陸で面しているため、陸路交通の要所ともなっています。またカンボジアはミャンマー南部にあるダウェイからタイ・バンコク、カンボジア・プノンペン、ベトナム・ホーチミンを結ぶ南部経済回廊の主要部を担っており、現在はバンコクからホーチミンまで、バスで約20時間程度で行く事ができます。バンコクからミャンマー西部への道路が整備されると東西経済回廊と同じように物流における革命が起こると期待されています。

国土の面積は日本の半分にも満たない約181,000㎢で約1500万人の人々が暮らしています。全人口の4割強が20歳未満となっており、15歳から64歳までの生産年齢人口は全体の60%を30歳以下の若い世代が占めています。そして今のペースでいくと毎年30万人前後の若い世代の新規労働人口が増える見込みで2020年には生産年齢人口だけで1000万人を越える試算がされています。そのため、ASEANの中でも投資先としてカンボジアは人気が増しています。

人口の約90%がクメール語を話しており、このクメール語が公用語となっています。通貨はリエルを利用していますが、観光地を始めとした多くの場所で米ドル(USD)が利用することが可能です。目安として1米ドル(USD)は4000リエルです。

カンボジア国王が住んでいる首都プノンペンはカンボジアの行政や文化、経済の中心地となっており『東洋のパリ』と称されるほどフランスによる植民地時代からの美しい街の風景が残っています。カンボジアの国旗にも記されており世界遺産にもなっているアンコールワットは首都プノンペンではなくシェムリアップにあります。

日本との関係は良好で、カンボジアにとって日本は最大の開発援助供与国となっています。進出している企業はオートバイを製造するヤマハ発動機やスズキなどの車両製造業、金融業や保険業、味の素などの食品産業など多岐に渡る企業が進出しています。