人をつなぎ、キャリアを創る

マレーシア求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンク

新着求人すべての求人を見る

すべての求人を見る

マレーシアは連邦立憲君主制国家でイギリス連邦加盟国です。国土面積は約330,000㎢で日本の約85%、国土はマレー半島南部とボルネオ島北部からなっています。人口は約29,330,000人で日本の約25%となっています。

マレーシアはサンスクリット語の『山脈のある土地』を意味するマラヤドヴィパを語源としている通り、マレーシアには多くの山脈が南北方向に平行に走っています。中心となっているのはティティワンサ山脈、マレーシア国内最高のキナバル山(標高4095m)と三番目に高いタンブユコン山を有するのはサバ州にあるクロッカー山脈です。ちなみに二番目に高いトルス・マディ山があるのは同じサバ州にあるトルス・マディ山脈です。

マレーシアの首都はクアラルンプールでマレーシア語で『泥が合流する場所』という意味があります。これはゴンバック川とクラン川が合流していることによるものです。市内は高速道路や鉄道にモノレールといったインフラが整備されており、市内はとても清潔で治安が良いことや近隣のASEAN諸国から医療を受けるためにクアラルンプールへ訪れる人も居るくらいの最新医療設備が揃っていることなどから、世界的に住みたい都市として常に上位へランクインしています。

マレー半島最南端に位置するマレーシア第2位の都市ジョホールバルはジョホール海峡を挟んだ対岸にシンガポールがあります。そのため、シンガポールとジョホールバルとの往来は相互的・頻繁に行われています。市街地の中心部はマレーシアの入国審査場を抜けて直ぐのところとなっています。ちなみにサッカーファンなら 『ジョホールバルの歓喜』という言葉を聞いたことはありませんか。その『ジョホールバルの歓喜』はマレーシアのジョホールバルにあるラルキン・スタジアムで行われたワールドカップアジア最終予選でサッカー日本代表が初めてワールドカップ出場を決めたことに由来しています。

ボルネオ島にあるコタキナバルはサバ州の政治経済の中心都市となっています。またサバ州は観光産業が主力で先述したキナバル自然公園への玄関口ともなっています。