マレーシアの祝祭日

2018年 マレーシアの祝祭日

 

マレーシアは多民族国家なので、さまざまな民族がそれぞれの宗教や生活習慣を守り暮らしている国です。そのため、イスラム教国家ですが信仰の自由が認められております。マレーシアの祝祭日には仏教・ヒンドゥ教・キリスト教の祭日もパブリックホリデーと呼ばれる休日扱いになっていることがあります。他にも、州ごとに定められたそれぞれの休日(代表的なもので州のスルタンの誕生日)がありますので、勤務地が変わると以前は休みだったのに休みじゃなくなることも考えられます。

 

1月1日(月) 新年

2月16日(金) 中国暦新年

2月17日(土) 中国暦新年

5月1日(火) メーデー

5月29日(火) ウェサックデー(ブッダの誕生日)

6月15日(金) ハリ・ラヤ・プアサ

6月16日(土) ハリ・ラヤ・プアサ(二日目)

8月22日(水) ハリ・ラヤ・ハジ ※イスラム教徒のお祭り

8月31日(金) マレーシア独立記念日(メルデカ・デー)

9月9日(土)  アゴンバースデー(国王誕生日)

9月11日(月) イスラム暦新年

9月16日(日) マレーシア・デー

11月6日(火) ディーパバリ ※ヒンドゥー教徒最大の祭 「光の祭典」

11月20日(火) ムハンマド生誕祭

12月25日(火) クリスマス

 

2015年1月25日作成

2017年12月11日最終更新

*免責事項

なるべく正確さを期すように努めておりますが、上記の内容の正確さを保証するものではありません。必ず専門家にご確認・ご相談をしていただくようにお願い致します。