人をつなぎ、キャリアを創る

フィリピン求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンクアジア

新着求人すべての求人を見る

コールセンタースタッフ(インターン生)
【海外就職へのステップアップ!】インターン生大募集! ■業務内容: ・コールセンターのオペレーション業務 ・SV業務(日本語・英語) ・入力業務(日本語・英語) ・翻訳業務(英語&rAr...
Cebu tele-net Philippines Corporation / 勤務地:中部ビサヤ地方(セブ島) 2018-10-20
コールセンタースタッフ
【憧れの南の島で働いてみませんか?】セブ島で働くコールセンタースタッフ ■業務内容: ①コールセンターオペレーション ②スタッフマネジメント(ローカル&日本人) ③業務拡大に付帯するデベロ...
Cebu tele-net Philippines Corporation / 勤務地:中部ビサヤ地方(セブ島) 2018-10-20

すべての求人を見る

フィリピンとは

フィリピンは7000を超える島々からなっています。フィリピンの国土面積約30万平方キロメートルの35%を占めるルソン島に首都マニラ市があり、また最も人口が多いケソン市もこのルソン島内にあります。ケソン市を含むマニラ市近郊の16の都市と1つの町からマニラ首都圏(メトロ・マニア)が形成されており、フィリピンの政治、経済、文化、交通及び情報の中心地となっています。

フィリピンと日本の関係

フィリピンと日本の関係は、スペインがフィリピンを植民地化する前よりありました。そして、フィリピンがスペインの植民地となってからは朱印船貿易を通し、日本が鎖国するまで国交がありました。
その後、第二次世界大戦中は両国の関係が悪化しましたが、今では日本はフィリピンの輸出入相手国となっており関係が良好となっています。また日比経済連携協定を結んでおり、フィリピンがこのような包括的経済連携協定を結んでいるのは日本のみとなっています。

フィリピンの産業

フィリピンの公用語はタガログ語を標準化したフィリピン語及び英語となっています。フィリピンの国民の多くが英語を話せることから、もともと農林水産業が主な産業でありましたが、最近はコールセンター事業等のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)産業などを含めたサービス業が大きな成長を見せており、フィリピンの就業人口の半数以上が従事していると言われています。

フィリピンで見つけやすい仕事

フィリピンに進出している日系企業の数はまだ多くないものの、製造業は進出しているので生産管理、製造管理、技術職、工場長などの仕事は見つける事が出来ます。
フィリピンの特徴として公用語の一つとして英語を使われている事から、英語を使って働ける仕事であれば直ぐに見つける事ができます。中でも多いのが外資系企業のコールセンターなどのビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)産業を含めたサービス業です。他にセブ島などのリゾート地でのホテル・観光などのサービス業の仕事は見つけやすいです。