タイの工業団地(1)

タイ全国には数多くの工業団地があります。工業省管轄の公社であるタイ工業団地公社が所有している工業団地だけでも47カ所(このうち公社が直接運営管理しているのは11カ所、民間企業との合弁事業による運営管理しているところは36カ所)となっています。タイ工業団地公社は、タイにおける工業団地の開発と運営を通じて工業の発展を進めることを目的としており、直接的、間接的に運営管理する工業団地は上下水道、電気、電話などのインフラ整備や、銀行・郵便局、ショッピングセンターなどの生活に必要なものまで整っています。

またタイ工業団地公社が運営管理する工業団地には日系企業が多数進出しています。2009年の公社による発表では、投資受け入れの約40%を日系企業が占めており、最も大きな比率となっています

 

■タイにおける主要な工業団地
 

○バンコク

人口824万人を越える東南アジア屈指の世界都市です。また都市圏人口は1450万人を越えています。


・バーンチャン工業団地(Bangchan Industrial Estate)

バンコク中心から25km、クローントゥーイ港から30kmにある工業団地です。1982年に竣工されてから好立地という条件もあって、多くの日系企業が入居しています。この工業団地の特徴は防火対策を考慮した設備環境で25カ所以上の消火栓だけでなく消防署も敷地内にあります。

 
・ラートクラバン工業団地(Lardcrabang Industrial Estate)

バンコクから35km、スワンナプーム国際空港から10km、クローントゥーイ港から45kmにある工業団地です。この工業団地には約300社が入居しており、そのうち約2割が日系企業となっています。


・ジェモポリス工業団地(Gemopolis Industrial Park)

バンコク中心より30km、プラウェート区に位置する工業団地です。別名アンヤターニー工業団地とも呼ばれています。元々は宝石類産業の拠点として1993年に設立されましたが、2008年に免税区に指定されたことにより、コンピューター関連製品や通信機器などの製造工場が誘致されました。

 
○サムットプラーカーン県

チャオプラヤ川がタイランド湾に流れ出る河口付近に位置する都市です。そのため県庁所在地付近を河口の意味があるパークナムと呼ぶことがあります。スワンナブーム国際空港は県内にあります。

 
・バンプリー工業団地(Bang Plee Industrial Estate)
バンコクから60kmにある工業団地です。この工業団地から25km圏内にラートクラバン工業団地やバンプー工業団地があり、スワンナプーム国際空港からも遠くありません。この工業団地には約100社が入居しており、約3割が日系企業が入居しています。


・バンプー工業団地(Bang Poo Industrial Estate)
バンコクから約37kmにある工業団地です。金属産業や電気機器産業が活発で、2011年から敷地内でコジェネレーション発電事業が開始されています。この発電事業では、工業団地内へ電気や蒸気を供給しつつ、タイ発電公社へ電気を売っています。

 

○パトゥムターニー県

バンコクの一部といっても過言ではなく、バンコクの市街地が進出してきています。

 
・ナワナコン工業団地(Navanakorn Industrial Zone)

バンコクから46kmにあるタイで最初に出来た工業団地です。また国道1号線にあり、環状線から5kmという物流拠点として最高の立地です。

 
・チュムヌムサップ工業団地(Chumnumsap Industrial Park)

バンコクから1時間以内という立地に加え、高台に位置する工業団地なので2011年の大洪水でも被害が受けませんでした。また敷地内には天然ガス発電所が設置されています。

 
・バーンカディー工業団地(Bankadi Industrial Park)

バンコクから32kmにある工業団地で1987年に創設されました。東芝関連の家電や半導体の工場、子会社が数社入居しています。

 

○サムットサーコーン県

ターチン運河がタイランド湾に流れ出るところに位置している。海岸部にある塩田は有名です。


・サムットサーコーン工業団地(Samut Sakhon Industrial Estate)

バンコクより33kmのところに位置する1990年に開設された工業団地です。

 

○アユタヤ県

チャオプラヤー川に面する平原地帯にあり、首都バンコクからは北へ約60kmに位置しています。アユタヤ王朝の遺跡群があり周辺の遺跡とともにユネスコ世界遺産に登録(登録名は古都アユタヤ)されており、バンコクから鉄道やバスに乗って多くの観光客が訪れます。


・ハイテク工業団地(Hi-Tech Industrial Estate)

バンコクより約60kmに位置する1989年に開設された工業団地です。国道1号線から32号線に入った左手に位置し、入居する120社の中にはキャノンやHOYAなどの日系企業が入居しています。

 

・バーンパイン工業団地(Bang Pa-in Industrial Estate)

バンコクより約65kmに位置する1989年に開設された工業団地です。2013年よりコジェネレーション発電事業が始まっています。


・サハラッタナナコーン工業団地(Saha Rattana Nakorn Industria Estate)

バンコクより約90kmに位置する1994年に開設された工業団地です。水へのアクセスが良く豊富な工業用純水を供給出来る強みから自動車部品、電子・電気部品、食品関係の会社が多く入居しています。


○サラブリー県

チャオプラヤ川東岸の地域にある県。東部は台地ですが西部は海抜の低い平地となっています。

 

・ケーンコーイ工業団地(Kaeng Khoi Industrial Estate)

バンコクより約120kmに位置する工業団地で1990年に開設されました。今のところ日系企業は入居していません。2011年の大洪水では被害は受けなかったものの、タイ工業団地公社より洪水被害の可能性があると呼び掛けられました。