人をつなぎ、キャリアを創る

ベトナム求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンク

新着求人すべての求人を見る

自動化設備スタッフ
-工場内の設備を自動化するため、部品サプライヤーから部品を購入し、ロボットアーム等を製作 -工場内自動化につき提案し、実施 -自動化設備のメンテナンス作業 現在、工場内を出来る範囲でオート...
キャリアリンク (仲介求人) / 勤務地:ドンナイ 2016-09-28
エンジニアプロジェクトマネージャー
業務系、Web系、スマートフォン開発など多岐にわたるプロジェクトの中から、複数なプロジェクトをマネージメント頂きます。 システム要件などの顧客要望の抽出、提案書作成、日本人お客差へのプロジェクト進...
キャリアリンク (仲介求人) / 勤務地:ダナン, ホーチミン, ハノイ 2016-08-30
社長秘書
アシスタントとして社長をサポートするポジションではありますが、ITベンチャーの為、社長の業務自体が多岐に渡ります。 お客様の対応、スケジュールの調整や管理、出張や会食の手配などの業務を担当してもらい...
キャリアリンク (仲介求人) / 勤務地:ハノイ 2016-08-30
アシスタント営業
-お客様からのクレーム対応と、その際の直接訪問 -お客様への品質確認対応 -責任者不在時の社内管理 -責任者のアシスタント業務全般 勤務時間:7:30~16:30 勤務日:月曜~土曜日...
キャリアリンク (仲介求人) / 勤務地:ホーチミン 2016-08-28
機械工具 営業スタッフ
・工作機械、機械工具、副資材を製造業向けに営業。 ・新規開拓、ルート営業ともにあり。 ・販売した機械のメンテナンス。 ※入社後の研修あり。
キャリアリンク (仲介求人) / 勤務地:ハノイ, ハイフォン 2016-08-26
機械設備設計者
ベトナム人建築機械設備設計技術者の技術指導、 スケジュール管理(日本の設計物件が主) ◆福利厚生 週休2日、ベトナム祝日 労働許可書取得費用手続きサポート その他手当 柔軟に相談にお応...
キャリアリンク (仲介求人) / 勤務地:ホーチミン 2016-08-23
新規営業(日本人)(大型鉄鋼建造物)
- ベトナム国内、及び東南アジアを中心に新規営業 - それ以外にも自社の商品を使っていただける可能性があるお客様への営業(多くのお客様は工場やプラントなどを手掛ける日系建設関係) -自社製品を...
キャリアリンク (仲介求人) / 勤務地:ドンナイ 2016-08-03
営業スタッフ(日本人限定)
-既存のお客さまの対応窓口。 -お客様の依頼を受け、弊社技術スタッフに注文内容を伝達する。 -依頼された物が完成後、弊社工場にてお客様に完成品の案内をする。 8:00~17:00 土曜日隔...
キャリアリンク (仲介求人) / 勤務地:ドンナイ 2016-09-26

すべての求人を見る

ベトナムは南北に約1650kmと長く、そのため気候は南北でかなり違います。北部は毎年1月~2月にかけてが最も寒く、首都ハノイでは 10度を下回ることがあり、逆に5月~6月は最高気温が40度を越え湿度が80%~90%になることもあります。南部は一年を通じて温暖で最高気温が30度くらいとなるモンスーン気候に属しています。

ベトナムの国土は日本の約88%の面積で約346,410㎢となっており、人口は日本の約75%である約9,000万人です。ASEAN諸国の中ではインドネシア・フィリピンについで多く、平均年齢が約27歳と非常に若いです。

北部にある首都ハノイには人口全体の約8%の約684万人が居住し、南部にあるホーチミンには約9%の768万人が居住しています。ちなみにハノイは2008年に周辺省の併合によって、それまでの面積よりも約3.6倍となり、人口も約1.8倍増加しました。

首都であるハノイは郊外に田園風景があり、ホーチミンに比べると開発が遅れていますが、近年は新空港の完成やハノイ市内と郊外を繋ぐニャッタン橋が完成するなどインフラの整備が進んできています。人口密度で比較すると、ホーチミンとの差は1㎢あたり約1500人です。(ホーチミンの人口密度は3,531人/km²。これに対してハノイの人口密度は1,943人/km²)

ベトナムの公用語はベトナム語となっていますが、北部と南部でかなりの違いがあります。また近年は都市部を中心に英語教育が盛んに行われているため、10代20代の若い人だと英語が通じる方が多いです。

ベトナムと日本の関係は良好で歴史を紐解けば17世紀の朱印船の時代より日本と国交があり、中部にあるホイアンという都市には日本人町がありました。

現在、ベトナムにとって日本は最大のODA拠出国となっており、空港やトンネルなどの基幹となるインフラ整備を支援しています。またインフラ整備が行われた場所にはベトナムと日本の国旗があしらわれた記念碑が建てられています。

ベトナムは北部と南部で進出している企業の特徴が大きく異なっています。北部は南部と比べると進出している企業が少ないものの、ホンダ・ヤマハ・トヨタといったバイクや自動車メーカーが進出しており、キャノン・ブラザー・パナソニックなどの電子・電機メーカーの進出も目立っています。南部は北部と違ってインフラ整備が進んでいます。日本より先立って進出していた韓国や台湾のサブプライヤーが充実しており、タイやシンガポールに近い立地というのも手伝って輸出加工型企業、そしてサービス業の進出も盛んです。またベトナム内需を狙った小売業の進出も増えています。