ホーチミン ラーメンマップ2017

麺処 大ちゃん

レタントン界隈で古くからあるのが『麺処 大ちゃん』です。

ここはホーチミン ラーメン界においても老舗中の老舗で、スープは豚骨ベースです。麺は2種類あり、大ちゃんラーメン(細麺)と、家系ラーメン(太麺)と選べます。辛さが必要ならテーブルに置かれた高菜を入れて調節します。ただ、この高菜がとても辛いので入れ過ぎには注意が必要です。

 

 

ラーメンバーすず木

ホーチミンだけでなくハノイでも大人気のピザ屋さん4P's(フォーピース)の近くにある『ラーメンバーすず木』は、シンガポールで人気を博したお店の支店になります。

ラーメン屋とは思えないくらいオシャレな内装なので、店名通りバー利用が出来そうな雰囲気があります。ラーメンをオーダーする際のシステムは少し変わっており、日本にある一蘭のように自らオーダーシートに書き込むスタイルです。

 

 

とみだや

ホーチミンの日本人街のヘムの中に2014年11月にオープンした『とみだや』は、ラーメンバーすず木や麺処 大ちゃんのように豚骨ラーメンではなく、醤油ベースのスープが特徴です。

自家製麺を使用しており、店主のこだわりがそこかしこに見えます。オープン当初から日本人だけでなく台湾人の方も来店されており、今ではベトナム人の方も来られる人気店になっています。やはり美味しいだけでなく、ラーメン一杯8万ドンというお手頃な値段も魅力なんだと思います。


 

.

 

ラーメン 暖暮 ホーチミン店

福岡では知らない人が居ないとまで言われるくらいの有名なお店が2015年ホーチミンに上陸しました。

場所は、とみだやから徒歩20秒のところにある『ラーメン 暖暮 ホーチミン店』です。

こってりしすぎていない豚骨ラーメンが受けて、オープンから、かなりの混雑でした。

 




麺場 田所商店 
ビンズンのイオンモールにある「みそや」の系列店。こちらは日本産の原料にこだわった一杯が味わえます。スープは3種類ありますが、どれもベースは味噌スープとなっています。2017年にはハノイ進出をするようです。




 

日本人街であるレタントンには他にも『大阪ラーメン』や『博多家 ふくろう』といったラーメン屋もあります。

 

日本人街から離れたバックパッカー街であるブイビエン周辺には札幌ラーメン屋が2軒あります。

 

札幌ラーメン さかいや

2015年7月にBui Vien通りから近い、Cong Quynh通りにある『札幌ラーメン さかいや』がオープンしました。ここは味噌ラーメンが売りで安くて美味しいお店です。

ラーメン以外のサイドメニューが豊富で夜は居酒屋としての利用も可能です。しかも全体的にリーズナブルな料金設定なので、日本人だけでなくベトナム人の姿も良く見かけます。 

 

 

札幌ラーメン こころ

2016年6月、札幌ラーメン さかいやから歩いて2分とかからないBui Vien通りに札幌ラーメン こころがオープンしました。

札幌ラーメンの名店 すみれとオーナーさんが縁があるようで、ここの売りは何といってもすみれと同じスープを使っているところです。味は味噌だけでなく、しおと醤油もあります。他にもオリジナルのスープの味も味噌・醤油・しおの3種類に加え、辛さが5段階で選べる辛味噌があります。ついつい、オリジナルスープよりも、すみれのスープに目がいきがちですが、オリジナルスープの味噌や醤油も侮れません。 

 

 

ブイビエンから近い、ゼンプラザ近くにも2軒のラーメン屋があります。

 

山小屋 ホーチミン店

先にオープンしたのが、筑豊ラーメンのお店である『山小屋 ホーチミン店』です。オープン当初は、ラーメンバーすず木のような比較的高め価格設定でしたが2015年の暮れ頃から価格設定を一新し、ベトナム人の方でも気軽に入れるような価格設定へと変わりました。

 

 

 

麺屋 武一

そして2016年7月 焼き鳥 新道の中にオープンしたばかりの麺屋 武一です。日本では近年人気の鶏白湯スープが味わえるお店です。鶏臭くなく、意外とあっさりとしていて飲んだ後の締めにもいけます。つけ麺やまぜそばというメニューもあります。

夜は焼き鳥居酒屋もやっているので、飲んだ後に店を変えずに締めのラーメンを食べることが出来ます。

 

 

 

ここまでは主なターゲットはおそらく日本人とされているお店でしたが、日本人が経営するラーメン屋でもベトナム人向けに営業しているお店があります。

 

ラーメン エノ

中でも代表格なお店が10区にある『ラーメン エノ』です。二郎系と呼ばれる麺や野菜が多く乗ったラーメンが売りのお店です。2015年2月にオープンしベトナム人の間でも口コミで人気になり4月に一気にブレークし、今のところに移転。一杯3万ドンから食べられるという安さがベトナム人に受けていてがブレークしてから1年以上経った今でもベトナム人のお客さんが多く集まるお店となっています。

 

 

東京豚骨拉麺ばんから

2016年7月30日にオープンしたホーチミン高島屋 5階のフードコート奥にオープンしたお店です。濃厚な豚骨醤油ラーメンとクリーミーな豚骨ラーメンがうりのようです。

 

 




とみだや2号店
以前から噂になっていた「とみだや」さんの2号店が2016年12月11日にオープン。ラーメンはすっきりした味わいの塩ラーメンと、魚介出汁の旨みが効いた醤油ラーメンの2タイプがあります。(写真は試食会の時の塩ラーメンです。)


 

最後に紹介するお店はベトナム人経営のラーメン屋ですが、味は日本人が好きそうな味に仕上がっています。

 

Hanamaru

2016年8月 弊社キャリアリンク ベトナムからも近いローカルエリアにオープンしたラーメン屋です。スープは鶏ガラベースのしょうゆ味で一杯35.000VNDとリーズナブルな価格設定のどこか懐かしい味がするラーメンです。他にもメニューは、つけ麺(40.000VND)や担々麺(45.000VND)があり、また週一限定(日替わり)の裏メニューもあります。

 

 

 

 

.