ホーチミンの不動産・アパートメントの探し方

日本人がベトナム ホーチミンで住むとなると、会社から紹介されるアパートメントに入居される形が多いかと思います。しかし、ホーチミン生活に長くなったり、慣れてきたりすると、同じアパートメントに住んでいるのも飽きてきてどこか引っ越したくなってくる方も居るかと思います。ただホーチミンで不動産やアパートメントを探すとなると、どうすれば良いかと思われる方も少なくないかと思います。そこで、住居の種類や探し方についてまとめます。

 

■住居の種類

住居の種類は大きくわけて4つのタイプがあります。

 

①サービスアパートメント

主に外国人向けのアパートメントで、部屋の清掃サービスやベッドリネンの交換、洗濯といったサービスが含まれています。初めてホーチミンへ訪れるような駐在員の方には凄く人気となっており、会社から紹介されるアパートメントといえばサービスアパートメントといっても過言ではないと思います。

家賃は安いところだと月額300ドルからあります。月額1000ドルを越えるような高級なところになると、アパートメントの敷地内にジムやプール、スーパーなどが備わっており、アパートメントの敷地内で十分に生活が出来るようになっています。気になるセキュリティー面はしっかりとしており、24時間体制で警備員が常駐しているところもあります。

 

②ローカルアパートメント

主にベトナム人を対象としたアパートメントです。サービスアパートメントと違って部屋の清掃やベッドリネンの交換、洗濯といったサービスは含まれておらず、必要であれば自らメイドサービスを利用する必要があります。ベトナム人を対象としているアパートメントが多いので、気に入ったところを見つけても外国人が住む事が出来ない場合があります。普通の民家のようなところがあり、そのような場合だと大家さんと同居するケースが多く、ベトナム人の生活を垣間みたい方には面白いと思います。

家賃はサービスアパートメントと比べると格段に安く、月額100ドルくらいから見つけることも可能です。ただ月額100ドル前後の部屋になるとエアコンが付いてなかったり、窓が無かったりと環境が良くないので住める部屋は月額150ドルくらいからだと思います。

近頃はアパートメントの建設ラッシュとなっていることも手伝って、富裕層のベトナム人が投資目的に購入しているアパートメントの一室を賃貸で貸し出していることが流行っています。そのため、月額500ドル出せば日本じゃ考えられないような広さの部屋に住む事も可能になっています。

 

③貸し家

いわゆる一軒家。場所や広さによって全然値段が違います。2区や3区、7区のヴィラになるとプールがついて月額3000ドルを越えるような物件があれば、平屋だと月額200ドル程度で3階建てや4階建てで3〜4部屋ある家だと月額500ドルくらいで見つかることもあります。大きな通りやレタントン通りのような名の通った通りになると家賃相場は高くなる傾向にありますが、一本路地に入ってしまえば格段に安くなることがあります。

 

④ルームシェア

②のようなローカルアパートメントの広い部屋や、③のような貸し家を数人で家賃をシェアします。友人同士でシェアする場合もあれば、知らない人同士でシェアする場合もあります。アパートメントや貸し家の作りによっても異なりますが、シャワーやトイレ、キッチンなんかは共用となることが多いです。

家賃はシェアする人数によっても異なりますが、月額100ドル〜月額300ドルが相場です。

 

■不動産やアパートメントの探し方

不動産やアパートメントを探す方法は3種類の方法があります。

 

①不動産屋に依頼する

ホーチミンに来て間もない人、手間をかけたくないない人、語学力に自信がない人には不動産屋を利用することが良いと思います。ホーチミンには、日系だけでなくローカルの不動産屋も多くありますが、不動産屋に依頼するのであれば日系不動産屋を利用するほうが良いでしょう。日本語が通じるだけでなく、アフターケアもしてくれるため、安心して利用が出来ます。日本と違って住居利用であれば仲介手数料が発生しないため、ローカル不動産屋を利用すれば安上がりということもありません。またローカル不動産屋は仲介はしてくれますが、アフターケアはなく何かあれば直接大家さんに交渉しなければなりません。

 

<不動産屋利用の流れ>

[1] 不動産屋を探す。

Google などの検索エンジンで『ホーチミン 不動産』『ホーチミン 不動産』と日本語で検索すれば、日系の不動産屋が幾つかヒットします。

 

例えば

RESS不動産:http://ress.vn/

レオパレス21:http://leopalace21vn.com/

 

[2] 不動産屋に問い合わせる

[3] 予算や条件などを伝える

[4] 物件を紹介してもらう

[5] 物件内見

[6] 契約

 

②インターネットで探す

不動産やアパートメントの情報はインターネットで検索すると、結構な数がヒットします。その中でもオススメなのは、コラム『ベトナムでアルバイトスタッフを無料で募集する方法』でも紹介した『mua bán (直訳すると売買)』のインターネット版です。

探すには多少のベトナム語の知識は必要ですが、難しくありません。『nhà(家)』『thuê(家賃)』『cho(与える)』『phòng(部屋)』ほとんどがこれらの組み合わせになります。

例えば、『cho thuê phòng(貸部屋)』『cho thuê nhà(貸し家)』になります。

これがわかれば、後は『エリア』『家賃』を指定して検索するだけです。見つかれば書いている電話番号に電話をして『家の場所』『内見出来る時間』を聞いて訪問しましょう。内見時に気に入れば幾らかの手付金を払わないとキープすることが出来ないので注意が必要です。

ルームシェアの場合は、これらのインターネットサイトの他に、Facebookのグループページで検索することも可能です。その場合は英語で検索して出てきます。

 

③住みたいエリアへ行き探す

住みたいエリアや住所が決まっている場合は、直接その場所へ行っても良いと思います。先述した『cho thuê phòng(貸部屋)』『cho thuê nhà(貸し家)』と書かれている張り紙を探して、そこに書かれている電話番号に問い合わせるだけです。内見したい日時を伝え、再訪します。運が良ければ、その日に中を見ることも出来ますが、大家さんが必ずしも近くに住んでいるとは限りません。

最後になりましたが大家さんは英語が話せる人が多く、たとえベトナム語が話せなくても英語が話せれば問題ないかと思います。ただ契約書を交わすため、契約内容云々が気になる人は不動産屋を利用するか、知り合いのベトナム人と一緒に探すことが良いと思います。