ベトナムの就職情報

ベトナムの生活基本情報

ベトナムの生活基本情報

ベトナムについて ベトナムの生活環境は日々先進国に近づいていますが、まだまだ発展途上です。やはり日本と同じようにはいきません。ただ住んでいる方の多くは、そういった発展途上の部分や先進国へ近づこうとしているところを楽しんでいるようです。 1.地理、気候 東アジア・東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家です。国土は南北に長く、その距離南北1,650kmもあり、東西には600kmに広がっています。北に中華人民共和国があり、西にラオス、カンボジア、東は南シナ海に面し、その向こうにはフィリピンがあります。 首都はハノイ市です。北のデルタと呼ばれるものは、紅河(ソンコイ川)周辺に位置するもので、首都ハノイや港湾都市ハイフォンがあります。南のデルタと呼ばれるものは、メコン川周辺で、ベトナム最大の都市ホーチミンがありま..


ベトナムの祝日(2017年)

ベトナムの祝日(2017年)

2017年 ベトナムの祝日 ベトナムの祝日は他国と比べて極めて少なく、年間を通して10日間程度しかありません。但し、テトと呼ばれる旧正月(*)は、企業によって異なりますが1週間前後の大型連休を取ることがあります。 *ベトナムの旧正月と中国の旧正月は年によって日にちが異なることがあります。中国との時差が1時間あることから平均して24年に1度ずれようです。最近では2007年に1日ずれ (2007年の中国の春節は2月18日、ベトナムのテトは2月17日でした。)が生じています。 1月1日(日) 元旦 1月2日(月) 元旦 振替 1月27日(金) (旧暦)大晦日 1月28日(土)~2月1日(水) テト 4月6日(木) フンヴォンを祭る日 4月30日(日) 南部解放記念日 5月1日(月) 国際労働日(メーデ..


ベトナムの労働許可証(ワークパーミット)と必要書類 2017

ベトナムの労働許可証(ワークパーミット)と必要書類 2017

ベトナムで就労できる条件とワークパーミット(労働許可)取得方法と必要書類について「外国人の労働許可書に関する政令11/2016/ND-CP号(政令11号) (リンク先はJETROサイト)」を基に解説致します。 ■目次 [1]ワークパーミット(労働許可)が必要な場合[2]ワークパーミット(労働許可)が免除される場合[3]ワークパーミット(労働許可)を取得しないで働く場合[4]ワークパーミット(労働許可)発行に関連する機関 [1]ワークパーミット(労働許可)が必要な場合(管理者・専門家・技術者の場合) ベトナムで就労する全ての外国人(免除の場合を除く)は、MOLISA(ベトナム労働・傷病兵・社会省)が発効するワークパーミット(労働許可)を取得する必要があります。ここでは、主に「専門家」と「技術者」について触れていきま..